FC契約の何が問題か


FC契約とは、本部が加盟店に対し商標などを使用して統一イメージで事業を行うことを許し、ノウハウの提供や指導を行い加盟店がロイヤルティと呼ばれる対価を支払う継続的な契約です。

加盟店側から見たFC契約の問題点は、形式上は対等で独立した事業者間の契約という構成を取っているにもかかわらず、実際には次のような事実が存在することである。


加盟店は、本部より経済的に圧倒的に弱い立場にあり加盟者は買取り業の素人が多く、契約で投資リスクを負うことになる。

契約前に受けた売上や利益の予測、指導の内容の説明などが実際と違っていることがある。

株式会社いーふらん買取おたからや フランチャイズ被害者の会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です