加島隼人の詐欺スキームを認めた経営者の責任

加害者である加島隼人氏が所属する組織は、反社会的企業と呼ばれる「株式会社いーふらん」

本部の詐欺的なビジネスは、社会的に許されるものではありません。いーふらんの経営陣や幹部が被害者から搾取したお金で自分のエゴを満たすことは、道徳的にも倫理的にも問題があります。

経営陣も、自社が社会問題となっていることを自覚し、社会貢献の目的を忘れずに取り組むべきです。
被害者の救済が最優先であり、それを忘れてはなりません。加害者が自分たちの行動に責任を取り、被害者に対して補償や支援策を講じることが必要です。

また、社会問題となっていることに対して、経営陣は積極的に取り組み、社会的責任を果たすことが求められます。

今回の問題は、単なる個人の問題ではなく、社会的な問題です。私たちは、加島氏の行動に対して怒りを覚えると同時に、社会問題として改善するために、積極的な行動を起こすことが必要であると考えます。

フランチャイズ本部の「株式会社いーふらん」は被害者に適切な支援を行うことが求められます。そして、同様の事件が起こらないように、監視体制を整備し、社会的責任を果たすことが必要です。

そして、被害に遭った人たちをサポートし、いーふらん全体で協力してこの問題を解決することが求められます。

我々は、被害者の問題に目を向けることが大切だと考えます。そこで、今回は加島氏が行った詐欺スキームについて、経営陣はその問題点を考え行動することを求めます。

組織としての責任や倫理観、さらには経営者個人の問題点など、多岐にわたる問題を明らかにし、問題解決に向けて考えていくべきだと考えます。

「おたからや 被害者」と検索すると当サイトが最上位に表示されて1年近くが経つ。

ここ最近は『おたからや』と検索すると3番目にはフライデーの記事がヒットする様になり、世間にもやっとこの会社の悪行が認知されてきたようだ。

9月4日のフライデー記事

https://friday.kodansha.co.jp/article/262611

7月7日の集団訴訟

https://news.yahoo.co.jp/articles/c64cae0188df1d2776903d7e50d48fe87305574c

おたからやの炎上は本当!

https://chano-ma.jp/otakaraya/

ひとり開業チャンネルさん

おたからやFRIDAYに掲載された
おたからやFCオーナー
いーふらん社員、田中
おたからやFC被害者の会

8/8 石澤大介 解任

現存店・閉店予定・閉店済の方も
アンケートにお答えください。

■アンケート
https://bit.ly/3w2u04d

■おからや8
okaraya8@gmail.com

■おたからやFC被害者の会
contact@otakaraya-higaishanokaigmail-com

おたからやFC被害者の会

被害者の会の皆様には、いーふらんと反社会的勢力の関係性をさらに深く掘り下げてお調べください。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c64cae0188df1d2776903d7e50d48fe87305574c

「おたからや」FC契約で集団訴訟

我々は「おたからやフランチャイズ」の被害者をこれ以上増やさない為に、公益性を目的として、今後も情報発信をしていきます。

株式会社いーふらん「おたからや」フランチャイズ被害者の会

現在「おたからや集団訴訟」をされている方、または検討中の方からのご連絡をお待ちしております。情報をお待ちしております、協力させていただきます。