契約後に不安を抱えてる

本部の提案は1軒のみ

ここがなぜ良い場所なのか?と質問すると「近くにおたからやが無いから」と言う。近隣に出店ばかりしてる地域と、全く違う説明を平気でする

どうしてここが良い場所なのか?と質問すると、駐車場が1台借りれる。とにかく近くにおたからやが無いのが良いからと。

駅から徒歩8分。隣の駅には前回見せられた本部の店舗。

でもこれしか無いのでとりあえず明後日見に行くと言うことで、その場で担当が不動産会社に電話してアポを取ってくれました。

研修に戻ると、1時間くらい経過していたので大事なところが聞けず、後で教えてもらえるのかと不安になりました。

何かモヤモヤしたものを抱えながらも、店舗を見に行ったりしていました。

この頃からネットでおたからやの事を調べるようになりました。とにかくそんなに広告を出さないといけないのか、先輩のフランチャイジーに会いに行って話を聞こうか?と考えて知人などにも相談しました。

まだまだ続きます!

加盟店の声、元オーナーの声を裁判を通じて社会に発信していきます。元社員さんからの「内部告発」も増えてます。多くの方から連絡をお待ちしております、相談内容等の秘密は厳守します。

我々は「おたからやフランチャイズ」の被害者をこれ以上増やさない為に、公益性を目的として、今後も情報発信をしていきます。

株式会社いーふらん「おたからや」フランチャイズ被害者の会

現在「おたからや集団訴訟」をされている方、または検討中の方からのご連絡をお待ちしております。情報をください、協力させていただきます。

1 個のコメント

  • 最近品川に本社移転したH社出身のKやらKに追従するMSの「なんとか本舗」開発の際に採っていた手口ですね!
    そして、近隣には、大黒屋やらワカバやら大吉やらが既に進出済みというオチがある可能性大ですね。

    Kは、H社時代、ダスキンやらなんとか革命やらの商圏ひしめく地域に出店させる際、「お客さまは運がいいですよ!まだ、なんとか本舗はこの地域にないですから!まさに、ブルーオーシャンです。エアコンクリーニングの問い合わせが毎日のようにくることでしょう。私がこの地域に加盟したいくらいです!」などと出鱈目を述べて、レッドオーシャンへの出店を促していました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です