加島隼人の恐るべき企み

取締役目前で夢破れる

加島隼人にとって、自分以外の人間は全て糧。騙したことはすぐに忘れるが、他人から受けた屈辱は末代まで祟る恐怖の男です。

HIT●WAグループ時代、加島隼人は今と同様、あらゆる汚い手段を使っても上を目指す男でした。

そして、HIT●WAライフパートナー社の取締役の座は、加島の目の前にありました。

そこで加島隼人にとって邪魔になったのが、靴専科事業部S取締役とKEIR●W事業部K部長でした。

K部長により、KEIR●Wの開発権限が加盟店開発部から剥奪された際は、加島隼人は怒り狂いK部長に悪態を吐きました。

しかし加島隼人は取締役の夢をまだ諦めて無かった。

強制契約解除された元オーナー 「おたからや保育園」創設者

反おたからや第三勢力!?元オーナー

「おたからや」記事

フライデー・『おたからや』のヤバい実態

https://friday.kodansha.co.jp/article/262611

おたからやFC集団訴訟

https://news.yahoo.co.jp/articles/c64cae0188df1d2776903d7e50d48fe87305574c

おたからやの炎上は本当!

https://chano-ma.jp/otakaraya/

マネーボイス・悪質過ぎる契約

https://www.mag2.com/p/money/1228295

ひとり開業チャンネル

おたからやFRIDAYに掲載された
おたからやFCオーナー
いーふらん社員、田中
おたからやFC被害者の会

せきえもんの買取大学

Yahoo!ニュースカテゴリー1位
FCオーナー出演
おたからやFC被害者の会

8/8 石澤大介 解任

現存店・閉店予定・閉店済の方も
アンケートにお答えください。

■アンケート
https://bit.ly/3w2u04d

■おからや8
okaraya8@gmail.com

■おたからやFC被害者の会

contact@otakaraya-higaishanokai.com

おたからやFC被害者の会

被害者の会の皆様には、いーふらんと反社会的勢力の関係性をさらに深く掘り下げてお調べください。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c64cae0188df1d2776903d7e50d48fe87305574c

「おたからや」FC契約で集団訴訟

我々は「おたからやフランチャイズ」の被害者をこれ以上増やさない為に、公益性を目的として、今後も情報発信をしていきます。

株式会社いーふらん「おたからや」フランチャイズ被害者の会

現在「おたからや集団訴訟」をされている方、または検討中の方からのご連絡をお待ちしております。情報をお待ちしております、協力させていただきます。

4 件のコメント

  • (おたからやフランチャイズ開発の正体)

    おたからや加盟店開発は、HIT●WAを解雇同然で追い出された加島隼人とそれを崇拝する元HIT●WA詐欺師たちによって作られたと伝えられていますが、それは少し違います。

    実態は、HIT●WAグループの傀儡ともいうべきフランチャイズ開発です。

    HIT●WAグループの詐欺的フランチャイズ開発により、加島隼人、N、Tらが座敷牢に収監された後、放逐されたという話は以前お伝えしました。
    この3人を皮切りに、HIT●WAグループにおけるフランチャイズ詐欺師たちの粛清が始まりました。人事部長●方●雄の後を継いだI津N宏により、HIT●WAグループにおいて恐怖の左遷、投獄が始まりました。その数は、少なく見積もっても、20人はいました。そして、投獄にならなかった詐欺師社員たちにも、HIT●WAグループ人事部による容赦のない肩叩きが始まりました。

    そこで、I津N宏人事部長は言います。「おたからやを展開しているいーふらんって会社がある。HIT●WAより儲かるし、本当に伸びている会社だ。加島もかなり儲かっているぞ。」などと告げます。

    それにより、おたからやには、古くは反社石澤の部下A(加盟店に対して、苛烈な競業対応、借金回収をする恐るべき男でした。)をはじめとして、
    I津は、退職トラブルを発生させることなく、詐欺師社員たちを任意退職に追い込んでいました。

    そもそも、HIT●WAグループのビジネスモデルは、詐欺そのものです。

    社内には、どこもかしこも、詐欺師たちがはこびります。
    フランチャイズは、基本開業屋ビジネス、人の心を持たない加島隼人のような社員が幅を利かせます。介護事業は、公金詐取ビジネスです。利用者たちに必要のない介護サービスを利用させ、介護保険料を騙し取る。入居者たちと通謀してサービス利用実体がないのに、騙し取った案件さえあります。

    すなわち、加島隼人率いるおたからやフランチャイズ加盟開発の陰には、HIT●WAグループがあるのです。

  • 「私たち 株式会社いーふらん おたからや は とある会社より攻撃を受けています」
    という被害妄想を「冷たい社員を作りたくない!」との理由でどこぞの元ヤクザを利用している詐欺恫喝フランチャイズ会社(以下、元ヤクザ活用会社)は言っています。

    そして、その元ヤクザ活用会社の主張する攻撃の内容が

    ①社員の引き抜き
    ②引き抜きを前提に社内の情報を漏洩させるスパイ活動

    などとほざいておりますが、被害妄想ここに極まれり!でやんす。

    ①社員たちの離職率が高いことを引き抜き?とか仰りたいようですが、
    ・役員は元反社会的勢力で、加盟店への恐喝は現役
    ・少ない休日(月7日、年間休日91日!)、その休日さえも会社のイベント?の名の下、お付き合いを実質強制
    ・若干高い給料が魅力に映るも、新入社員にさえ100万近い高給時計を購入推奨(実質強制?)、1000万円級の高級車の購入を推奨されることも、、、
    ・インセンティブがあるも、意味不明なインセンティブカット。

    仲間たちが突如として辞めていくのは、当然です。キャリアを活かすために、同業他社に行く人は当然いるでしょう。

    ②社内の情報を漏洩させるスパイ活動?
    ヤクザ活用会社の被害妄想は甚だしいです。
    上記で述べたヤバい労働環境。元ヤクザを利用して加盟店を恫喝したり、集団訴訟を起こされるようなヤバい加盟店開発、加盟店支援。
    こんなことがあれば、公益を目的とした事実が世の中に出回って当然です。

    そんな中、噂として流れてきたのは

    そのとあるフランチャイズ会社から、その会社を業界トップの店舗数に押し上げた実質的な功労者(傍若無人な開発により解雇)がヤクザ活用会社に移籍してきたという、噂を耳にしました。

    その人物を

    ここでは、K氏と呼びますが

    ググってみたところ、K氏の所属したHグループは、

    ・美魔女に貢ぐべく会社の金を横領される
    ・経営する埼玉の方の老人ホームでは、浴槽で、老人溺死
    ・ついでに、老人ホーム広告に「終の棲家」と書き、消費者庁から虚偽広告を指摘される。
    ・詐欺広告のフランチャイズに関する集団訴訟では、ほぼ完全敗訴の判決が出回る

    などの報道があり

    K氏の実質解雇後、フランチャイズが伸び悩み、反社会的勢力であるI氏の再就職先と噂される会社です。

    元反社会的勢力である法務部長が、加盟店を恫喝していたのが

    真実であるとするならば、

    真の反社会的勢力は、いーふらんになるのではないでしょうか?

    もし、本当にI氏が反社会的勢力であれば、
    辞めていった仲間は賢明です。

  • 加島隼人たち詐欺師をいーふらんに送り込むHITOWAグループ

    HITOWAグループ人事部アークヒルズプリズン獄長小方幸雄やらミニ小方である板津典宏は、いーふらんの早期退職者の雇い入れ制度に目をつけ、HITOWAグループの犯罪的詐欺師をどんどんといーふらんに送り込みます。

    そして、その数は10人を超え、HITOWAグループからいーふらん移籍の詐欺師の中には、あの元ヤクザ石澤大介に仕えた者さえいます。

    恐るべき犯罪者集団HITOWAグループ、いーふらんが被害加盟店に賠償をしきれない場合は、HITOWAグループが賠償を肩代わりするべきでしょう。

  • HITOWAグループの恥さらしとも言うべきいーふらん元加盟店開発営業部員のHITOWA三羽烏。

    三羽烏のトップであった『K』は、自身の信念「HITOWA✖️YAKUZA」を現実にするべく、いーふらんにおいて、奔走しました。

    これには、加島のHITOWAグループ時代における苦い記憶が原点にありました。
    HITOWAグループ時代、あらゆる悪事を実行に移した『K』。集団訴訟頻発しても、決め台詞「詐欺罪は、警察が最も立憲できないんだ!フランチャイズで詐欺立件された事件があったら、このフランチャイズマスターの加島隼人様に教えてくれ!」と言って、HITOWAグループの三下たちに詐欺を強要します。

    その詐欺の中心にいた『K』は、創業者やCVC今田健治に許されていた詐欺フランチャイズも通じなくなり、HITOWAグループを追放され、HITOWAグループと同様の反社会系フランチャイズ会社いーふらんに就職します。

    しかし、いーふらんにおいても、職を追われた『K』。この男の罪は、HITOWAグループやいーふらんで陥れた加盟店たちが一番知っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「おたからや」フランチャイズ被害者の会 株式会社いーふらん、全国の買取おたからやフランチャイズ契約による被害者オーナー達と発足 これからも公益のために情報を発信していきます