反社会的勢力の石澤の役割

なぜ本部は石澤大介が必要だったのか

反社会的勢力とは何か

反社会的勢力は「集団的又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体等」とされています。


「威力を示して金品等の経済的な利益を要求する団体」ともいわれ、お金や経済的な利益を得るための手段として暴力等のおどしを使う団体です

まさに株式会社いーふらんの歴史そのものである。

暴力団員だった石澤大介を利用して、加盟希望者に対して威圧的に本部の言いなりにさせてきた。

要望者とアンケートで本部と対話しましょう。

オーナー、元オーナー『要望書』と『アンケート』ご協力お願いします。

526605508@qq.com こちらのアドレスへ、ご連絡お待ちしております。

『要望書』

『アンケート』

保育園アンケートに協力してください。必ず今後にいかせます!匿名で構いません、連絡先だけお願いします。

「株式会社いーふらん」の本業は、FC搾取!『 おたからやは 紛い物』

10月27日 週刊新潮 「コロッケ」でお馴染み 買取専門店「おたからや」の本業はFC搾取⁉︎ 元オーナーが集団訴訟

9月4日 FRIDAY記事、今でも計880万円を支払えというメールが届いています

「私はこうして騙された 」被害者が語る『おたからや』のヤバい実態

LINE オプチャ「おたからや保育園」是非お気軽にご参加ください。

オープンチャット「おたからや保育園」

おたからや、被害者の会に懸賞金総額1億円

原告ら加盟店オーナーは、 本裁判を通して、適正なフランチャイズ取引の実現を目指しています。 

今後、社会運動として発展していくこともあり得るテーマですのでご支援くださいますようお願い申し上げます。

11月4日 週間新潮 買取専門店の本業はFC搾取!

9月4日 FRIDAY 『おたからや』のヤバい実態!

7月7日 おたからやFC集団訴訟 ニュース

おたからやの炎上は本当!

マネーボイス・悪質過ぎる おたからや

ひとり開業チャンネル

おたからやFRIDAYに掲載された
おたからやFCオーナー
いーふらん社員、田中
おたからやFC被害者の会

せきえもんの買取大学

反おたからや第三勢力!?元オーナー
Yahoo!ニュースカテゴリー1位
FCオーナー出演
おたからやFC被害者の会

令和4年8月8日 石澤大介 解任のお知らせ

現存店・閉店予定・閉店済の方も
アンケートにお答えください。

■アンケート
https://bit.ly/3w2u04d

■おからや8
okaraya8@gmail.com

■おたからやFC被害者の会
contact@otakaraya-higaishanokai.com

↑メールで情報をお待ちしてます

おたからやFC被害者の会が、いーふらんと反社会的勢力との関係性を徹底的に調べていきます。ご協力お願い致します。

「おたからや」FC契約で集団訴訟

https://news.yahoo.co.jp/articles/c64cae0188df1d2776903d7e50d48fe87305574c

我々は「おたからや」フランチャイズの被害者をこれ以上増やさない為に、公益性を目的として、今後も情報発信をしていきます。

株式会社いーふらん「 おたからや 」 フランチャイズ被害者の会

現在「おたからや集団訴訟」をされている方、または訴訟を検討中の方からのご連絡をお待ちしております。

山崎大介(石澤大介)

1 個のコメント

  • 今回は、加島隼人の生い立ちについて、大いに語りましょう。

    加島隼人は、帝京高校、大東文化大学という名門ルートを歩んだ男だ。名門を歩んだ加島隼人にとって、周囲の人物はほぼ格下、加盟店に至っては、「ゴミとかクズ」にしか見えない。
    当然若かりし日の加島隼人は、傍若無人ぶりを発揮し、「友達はサッカーボール」「同僚はサッカーボール」などと述べ、人間を蹴りまくっていました。
    加島隼人はかつてこう言っていたそうです。
    「人を殴るってホント気持ちイイなぁ!一生人を殴っていれば、他にも何にもいらねー」
    この頃から、加島隼人は、人では無かったようです。

    そんな加島隼人の夢は、弁護士。しかし、「真ん中に文化がある」でお馴染み大東文化大学の法科大学院は、「学生がバカ過ぎてあまりに司法試験合格者が出ないので」、すでに廃校となりました(アホな大学ゆえ、法科大学院を復活させることはないでしょうw)
    。これで、加島隼人が弁護士になることはありません。よかった。よかった。

    https://www.daito.ac.jp/lawschool/news/details_12325.html

    なお、加島隼人は、激ムズと言われる予備試験ルートで弁護士界に、進むことはハッキリ言ってありません。彼は、バカですから!

    その後、傍若無人の加島隼人は、長谷川興産(現在のHITOWAグループ)にジョインします。
    「社員を大事にする大家族的経営」を掲げる長谷川興産、しかし、「加盟店をゴミクズ呼ばわり」「加盟店に対する搾取」など許されない経営を進めていた!
    加島隼人は、この会社で、詐欺師としての歩みを始めるのであった。
    (次回に続く)

    「加島隼人の悪事が読めるのは、おたからや被害者の会ホームページだけ」

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です