三井住友銀行「新横浜営業部」

「株式会社いーふらん」の三井住友銀行の融資は「新横浜営業部」口座は「新横浜駅前支店」

「株式会社いーふらん」の普通口座、いつまで持つのかわかりません。普通口座の取引停止も秒読みだと言われています。

三井住友銀行の担当者「阿○氏」

上長が女性の「○村氏」

部長は「○賀氏」(支店長と同等のポジション)

融資打ち切りにしたのは三井住友銀行本部です。さすが日本を代表するメガバンク、いち早く反社会的勢力と訴訟の数、そして法定開示書面の嘘などに気づいた、とのことです。

融資ストップ資金一括返済を伝えにきたのは「阿○氏」と「○賀氏」でした。

いーふらんと関係を深めたのは、前任の部長である(○島氏」という方で、去年の4月に大阪の営業部へ異動してます。

1 個のコメント

  • さすが、日本を代表するメガバンクだけあって、素晴らしいご判断です。

    銀行融資打ち切りは、企業にとって死活問題、打破するためには、経営の刷新しかありません。

    引退する会長渡辺絹翁には、「終の住処」で有名な有料老人ホームイリーゼがあります。
    「終の住処」だけあって、入ったら最後の日を迎えるまで、徹底的な介護サービスが期待できます。なんと要りもしない介護サービスをたっぷり盛り込んだケアプランが有無を言わさず作成されるとか。まさに、充実の介護サービス。

    イリーゼ浦和大門では、名物の機械浴があり、機械浴に入った老婆の中には、そのまま天に帰った方までいらっしゃるとか!
    サイコーですね!

    そんなイリーゼ浦和大門は、いーふらん有名加盟店開発営業部長加島隼人の故郷HITOWAグループ!
    ここに、石澤大介やら先っぽさんなど絹翁の重臣を送り込めば、HITOWAグループの組織は完全体に進化することでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「おたからや」フランチャイズ被害者の会 株式会社いーふらん、全国の買取おたからやフランチャイズ契約による被害者オーナー達と発足 これからも公益のために情報を発信していきます