被害者の救済について

被害者の会としては、法的手段を講じるとともに、情報発信を行い、同様の被害が発生しないようにするために、法令遵守や透明性の確保などを求める活動を続けていきます。

また、被害者の救済に関する情報提供や、被害者が困難を乗り越えるための支援も必要です。

しかし、渡辺喜久男会長個人がゴルフに幹部数名を毎月10回近くも参加させることについては、被害者の会としては懸念を抱かざるを得ません。これは、被害者や社会からの信頼回復につながらず、組織内での風紀やモラルの低下にもつながる可能性があるからです。

被害者の会としては、渡辺喜久男会長には、被害者の救済に専念し、再発防止策を真剣に検討するよう要請することが必要です。

また、ゴルフに参加すること自体は問題ないかもしれませんが、それが組織内で強制的に行われることは好ましくありません。そのため、幹部の自由な判断による参加という形に変えるなど、より公正かつ透明性の高い組織運営を心がけることが必要です。

鹿村大志社長、貴殿こそが「株式会社いーふらん」をすぐに改革へと導くことのできるリーダーです。

「株式会社いーふらん」の不正や誤った行動により被害を受けた人々のため、ブログで情報を発信し続けます。集団訴訟が進行中の状況であるため、情報発信は非常に重要だと考えています。被害者がどのような行動をとるべきかのアドバイスも提供しています。

私たちの情報発信は公益目的であり、言論の自由によって保障されています。このような正当性を持つ文書を通じて、私たちは社会に対して真実を伝えることを責務としています。

2 件のコメント

  • いーふらんフランチャイズ不正の中心人物、元反社会的勢力所属の法務部長石澤大介、悪質犯罪多発集団HITOWAグループ流フランチャイズ詐欺をいーふらんに取り入れた男加島隼人。
    この2人は、集団訴訟の法廷で証言台に立つことなく、いーふらんを去りました。

    いーふらんのブラック企業体質やら反社会的体質からも、現在の直営店出店戦略が、破綻することは確実。
    有名暴力団やHITOWAグループ流詐欺を引き継ぐ企業には、人間は定着しないからです。

    近いうちに再びフランチャイズ詐欺路線に舵を切ることでしょう。そして、反社会的勢力には、石澤大介級の大物人材が溢れています。そして、HITOWAグループには、加島隼人を超越するフランチャイズ詐欺師もいることでしょう。

    集団訴訟の決着がついてしまえば、いーふらんは、再びフランチャイズ詐欺を働く可能性が高いということです。

  • (加島隼人の悪質フランチャイズ開発)
    加島隼人は、かつてHITOWAグループおそうじ本舗、マイスターコーティング、KEi
    ROW、靴専科、マイ暮らすなどの加盟店開発部長でした。
    この男は、虚偽の数字を並べた宣伝広告の作成、詐欺的な嘘トークによる加盟勧誘を行うなど自らのノルマを達成するためなら手段を選ばない男でした。口癖は、「フランチャイズで詐欺罪が立件されたことはない。自信を持って騙せ。」加島隼人は、法律に精通していることを豪語していました。
    そして、留まることを知らない向上心を持つ加島隼人は、取締役の座も視野に入れていました。
    加島隼人はそこで加盟店開発部に留まらない提言をします。
    SVの人件費節約問題です。
    とある日、加島隼人は言いました。「SVは全員東南アジアの技能実習生にしろ。」「SVは、「チラシ買え」「洗剤買え」「販促物買え」以外の日本語を知らなくていい。」と。
    これを実施すれば、HITOWAグループの加盟店運営にかかる費用は大幅に節減できると。

    その後、HITOWAグループ人事部の絶対的権力者小方幸雄様、セパ両リーグの男との二つ名を持つ男の権限で、加島隼人と共に、人事部近くの座敷牢に放り込まれました。その影には、加島隼人の加盟店開発が、あまりに目立ち過ぎて、出上幸典やら古谷文太と仲良しの伊佐治岳生会長様の存在があったのは言うまでもありません。当時、HITOWAグループの取締役会では、数字の達成率に対する会長様の怒号が響くことで有名でした。会長様は、表立っていない不正行為は推奨していたようですが、それが表に出ればコンプライアンスの名の下に断罪します。

    いーふらんは、そんなHITOWAグループの後を追う存在です。現在の集団訴訟にどう対応するか見ものです。
    渡辺絹翁の権限で、ヤクザ石澤大介、HITOWAグループ加島隼人やHITOWA三羽烏の一角も追放しました。しかし、渡辺信明がいます。そして、HITOWAグループ流詐術を継承した加島隼人の元部下もいます。

    いーふらんの新規中途採用の現状や退職率を考えると、いずれフランチャイズ開発を再開せざるを得ません。
    その際、再び、元反社会的勢力やHITOWA三羽烏のような人材が暗躍することは確実と言えるでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「おたからや」フランチャイズ被害者の会 株式会社いーふらん、全国の買取おたからやフランチャイズ契約による被害者オーナー達と発足 これからも公益のために情報を発信していきます