2年で半数の執行役員が退職 “人材流出が止まらな企業いーふらん”

“有能な人材が去る企業、いーふらんの経営陣は何を考えているのか?”

“短期間での役員消失:いーふらんの深刻な人材流出”

“才能ある人材が去る:いーふらんの異常な経営戦略”

有能な人材が次々と去り、執行役が消えていく。この異常事態が起きているのは「いーふらん」という企業です。

わずか2年の間にほとんどの役員が消え、その流出は止まる気配がありません。この異常な状況の背後には、いーふらんの経営陣の問題が隠されています。

 “人材流出の渦中にある企業:いーふらんの警鐘”

 “出世に車のローン必須?いーふらんの異常な人材育成戦略”

車のローンを組まなければ出世できないという、驚くべき方針が、優秀な人材を追い出しているのです。

この企業の異常な人材育成戦略は、有能な人材を企業から遠ざけ、企業の成長を阻害しています。

おたからFC被害者の会は “丸りおな氏” を応援しています。

おたからや詐欺広告に”丸りおな氏”を起用しないでください。

解決策を提示し、実行に移す。それが本部幹部の責任です。そして、それが我々の安心と信頼を勝ち取る道だと信じています。我々は、彼らがその責任を果たし、フランチャイズオーナーや被害者への弁済策を提示することを強く望みます。

おたからや崩壊
FCは搾取対象
毎月55万円のロイヤリティ

「株式会社いーふらん」の不正や誤った行動により被害を受けた人々のため、ブログで情報を発信し続けます。集団訴訟が進行中の状況であるため、情報発信は非常に重要だと考えています。被害者がどのような行動をとるべきかのアドバイスも提供しています。

私たちの情報発信は公益目的であり、言論の自由によって保障されています。このような正当性を持つ文書を通じて、私たちは社会に対して真実を伝えることを責務としています。

加島隼人氏この人物がフランチャイズ詐欺スキームで契約した人物である。

元第一営業部時代に多くの加盟店を騙して来たのが、先山愉弥氏である。

1 個のコメント

  • 有能どころか、いーふらんを経営危機に誘った元執行役員も多数お辞めになられたような

    その中のひとりである加島隼人さんは、最近、HITOWAグループ幹部と接触を繰り返しているようです。復帰への布石なのか、それとも?

    公式の接触かどうかは不明ではありますが

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です