いーふらん 20代の本社 女性非正規社員のセクハラを無視する反社企業

長谷川勇介氏のセクハラ行為と優先的地位の濫用問題

反社会的企業のコンプライアンス崩壊

“無抵抗の女性被害者の声を無視する” – 鹿村大志社長と長谷川部長の重大な問題行動

20代の女性非正規社員に対し、長谷川勇介部長は何度か食事に誘いました。女性はサイコパス気質な長谷川勇介部長からの食事を何度も断ると今後の仕事に影響があると心配になり、承諾して2人で食事に行きました、その後に強引にホテルに誘われたと言う。

女性は職場の上司である長谷川勇介氏の機嫌を損ねることを恐れ、慎重かつ丁重に断ったところ、彼は「会社の機密保持義務だ」と言い、女性に数万円を渡そうとしました。これは明らかなセクハラであり、優先的地位の濫用に該当します。一般的には許されない行為で、女性は精神的な苦痛を被っています。

前科者とのつながり – 経営陣の異例の判断

過去の逮捕歴や部長の問題行動にもかかわらず、いーふらんの経営陣はなぜこれほどの異例の昇進を許したのか?その理由は疑問が残ります。

本部の改革には鹿村大志社長のリーダーシップにかかっている

これ以上、長谷川部長が社内で障害事件やセクハラ問題を起こす前に正しい判断を鹿村社長にはして頂きたい、また佐久間 正法  (元警視庁捜査一課課長) 法務部 倫理・コンプライアンス委員会には、この問題を隠蔽せずに正しく対応してほしい。

まとめ

暴力団との関わり、セクハラ疑惑、イメージキャラクターの破綻。いーふらんの企業風土は問題が積み重なり、社会の信頼を著しく損ねています。これに対する経営陣の対応が求められるなか、企業の在り方と透明性に対する厳しい検証が不可欠です。

テレビ東京 ワールドビジネスサテライト『WBS』反社企業いーふらんFC詐欺の実態

テレビ東京のWBSにて、フランチャイズ詐欺疑惑の集団訴訟が取り上げられ、多くの被害者がその声を上げています。この動きは被害者の方々にとって、一つの大きなステップとなります。

ワールドビジネスサテライト(WBS)

「おたからや」元オーナーが提訴 “フランチャイズ”でトラブル急増   2023.10.11 22:00

https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/newsl/post_283624?utm_source=txweb&utm_medium=thumbnail&utm_campaign=wbs

https://jcc.jp/news/20157291/

Yahoo!ニュース「おたからや」元オーナーが提訴 “FC詐欺”でトラブル急増

フランチャイズ詐欺被害者の皆様、心からの共感と支援をお約束します。この困難を乗り越えるために、手を取り合い、共に歩んでいきましょう。あなたは一人ではありません。

『公益目的の情報発信は、ただ単に情報を伝えるだけでなく、社会をより良くするための橋渡しとなるもの。皆様の理解と協力のもと、この大切な役割を果たして参ります。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です