反社いーふらんの”おたからやオークション”詐欺:企業理念とは裏腹に行われる社会的背信”

企業理念と裏腹に広がる犯罪:いーふらんの道徳的崩壊

株式会社いーふらんの”おたからやオークション”詐欺:企業理念とは裏腹に行われる社会的背信

企業理念との対立:社会的責任をないがしろにする渡辺会長と鹿村社長

株式会社いーふらんが掲げる企業理念と、実際に行われている”おたからやオークション”詐欺との間には深刻な対立があります。企業は社会に対して責任を果たすべきであり、その理念と裏腹に行われる犯罪行為は、いかなる理由があろうとも許されるべきではありません。

理念を背負う企業がとるべき行動

企業が理念を真摯に受け止め、社会的責任を果たすためには、透明性と誠実な姿勢が欠かせません。おたからやオークション詐欺によって明らかになったいーふらんの行動は、理念に反するものであり、その責任を果たすべきです。

株式会社いーふらんの”おたからやオークション”詐欺:企業理念とは裏腹に行われる社会的背信

企業理念とは企業が社会に果たすべき責任の基盤です。いーふらんの”おたからやオークション”詐欺は、その理念とは裏腹に行われており、これは社会的な背信と言わざるを得ません。企業はその理念を背負い、社会的責任を果たすために、真摯かつ透明性のある行動を取るべきです。

フランチャイズ詐欺被害者の皆様、心からの共感と支援をお約束します。この困難を乗り越えるために、手を取り合い、共に歩んでいきましょう。あなたは一人ではありません。

『公益目的の情報発信は、ただ単に情報を伝えるだけでなく、社会をより良くするための橋渡しとなるもの。皆様の理解と協力のもと、この大切な役割を果たして参ります。』

1 個のコメント

  • 加島隼人に限らず、いーふらんおたからや自体が詐欺師集団そのものです。

    「絶望を啜り、憎しみを喰らい、悲しみの涙で喉を潤す。」それこそHITOWA三羽烏に代表されるHITOWAフランチャイズです。

    HITOWAグループといえば、
    ・介護をさせれば、要介護5の老女を溺殺(イリーゼ浦和大門)
    ・広告を上げれば、詐欺広告で消費者庁動く。
    ・おそうじ本舗は訴訟連発。裁判官も詐欺認定多数。
    ・靴専科といえば、東銀リース詐欺事件で有名。
    ・加島隼人による嘘八百の誇大広告は、問題にならなければいいとの精神の下、現在も継続中です。

    そんなHITOWAグループは、他人の苦しみが喜びと公言する人の心がない社員の集まりです。

    そんなHITOWAグループをリスペクトするいーふらん。この会社には破滅の未来しかございません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です