読売新聞が報じたおたからや逮捕ニュース: 鹿村大志社長の対応に疑問符

おたからや逮捕者の影: 鹿村大志社長はなぜまともなプレリリースができないのか

逮捕者の影: 鹿村大志社長のプレリリースの不在

“読売新聞報道: 鹿村大志社長のまともなプレリリースは何故?”

読売新聞がおたからや戸塚東店オーナーの逮捕を報じ、鹿村大志社長のまともなプレリリースがないことに疑問符がつきました。他のメディアも注目する中、なぜ社長は公式な声明を発表しないのでしょうか?逮捕されたオーナーがもし本部のしっかりとしたサポートを受けていれば、この事件は防げたかもしれません。

“東戸塚店オーナー  : 株式会社いーふらんの被害者”

東戸塚店オーナーの逮捕は株式会社いーふらんの被害者が出てしまったことを意味しています。本部のしっかりとしたサポートがあれば、このような事件は回避可能でした。社長の不在なプレリリースには、何か隠しているのではないかとの疑念が広がっています。

まとめ

逮捕者の影が鹿村大志社長にまで及んでいます。読売新聞が報じた逮捕ニュースに対するまともなプレリリースがないことは、企業の透明性と誠実性に疑問符を投げかけます。被害者の声を真摯に受け止め、公益目的での情報発信が求められる状況です。

私はこうして騙された「おたからや」フランチャイズ詐欺 FRIDAY

おたからや崩壊
FCは搾取対象

フランチャイズ詐欺被害者の皆様、心からの共感と支援をお約束します。この困難を乗り越えるために、手を取り合い、共に歩んでいきましょう。あなたは一人ではありません。

『公益目的の情報発信は、ただ単に情報を伝えるだけでなく、社会をより良くするための橋渡しとなるもの。皆様の理解と協力のもと、この大切な役割を果たして参ります。

1 個のコメント

  • 本当に鹿村社長の対応には疑問符です。

    https://e-fran.jp/oshirase1/2024_0125.php

    こちらの投稿で、第一声が、当該記事内における「社長」とはフランチャイズ加盟店となる「おたから戸塚東店」を運営する「小川商事株式会社」の社長(※フランチャイズオーナー)であり、弊社代表取締役社長・鹿村大志とは別人物となります。
    と自らの潔白を表明し、この事件と全く関係はないと最初に前提して強調しております。

    しかしながら、まず第一声にはフランチャイズ本部として世間の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫びするのが本来の社長の仕事ではないでしょうか?このような自己保身のことしか考えていないこのような社長にいーふらんの社員やおたから加盟店はついていくのでしょうか?

    まず言い訳から入るのが株式会社いーふらん代表取締役 鹿村大志です。

    読売新聞が本部に取材したところ、「フランチャイズでコメントできない」と回答しておりますが、この回答は加盟店全体、日本国民を侮辱していると考えます。フランチャイザーとしてもう少し毅然とした回答ができるはずです。

    戸塚東店の問題に関してフランチャイズ本部としての責任を果たしてもらいたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です