取材拒否、虚偽の説明: 反社会的企業いーふらんの透明性の無さ

メディアに挑む鹿村大志社長: 透明性を欠く企業の真実

メディアの追求に屈しない: 鹿村大志社長の透明性の喪失

取材拒否と虚偽の対応: 鹿村大志社長の企業姿勢

読売新聞の取材にまともに対応できない反社会的企業いーふらん。鹿村大志社長は透明性を欠く企業姿勢を露呈しました。取材拒否と虚偽の説明が、企業の信頼性を大きく揺るがせています。

搾取対象となる加盟店: 透明性の喪失が引き起こす問題

鹿村大志社長が加盟店を搾取対象としている限り、同様の事件は増えるでしょう。企業の透明性が欠ける中、メディアの追求が真実を明らかにし、被害者へのサポートが重要です。

まとめ
メディアに挑戦し透明性を欠く鹿村大志社長の真実が明らかになりました。公益目的の情報発信は、企業の透明性確保に向けて、また被害者へのサポートの一環として重要な役割を果たしています。企業の透明性は社会にとって不可欠であり、真実の追求が信頼の構築につながることを願っています。

テレビ東京 ワールドビジネスサテライト『WBS』反社企業いーふらんFC詐欺の実態

テレビ東京のWBSにて、フランチャイズ詐欺疑惑の集団訴訟が取り上げられ、多くの被害者がその声を上げています。この動きは被害者の方々にとって、一つの大きなステップとなります。

ワールドビジネスサテライト(WBS)

「おたからや」元オーナーが提訴 “フランチャイズ”でトラブル急増   2023.10.11 22:00

https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/newsl/post_283624?utm_source=txweb&utm_medium=thumbnail&utm_campaign=wbs

https://jcc.jp/news/20157291/

我々の公益目的の情報発信は、ただ単に情報だけでなく、社会をより良くするための橋渡しとなるもの。皆様の理解と協力のもと、この大切な役割を果たして参ります。

1 個のコメント

  • いーふらん、HITOWAグループ希代の詐欺師加島隼人が、フランチャイズ加盟店をゴミとかクズと言い放つように、HITOWAグループ従業員たちは、人間のゴミとかクズと断言できる犯罪者予備軍しかいません。

    そして、私の座右の銘を書いてくださった恩師サカモト先生。。私は、サカモト先生とともに、断固加島隼人の悪事を解明します。加島隼人が、これまで財産を搾取した加盟店に謝罪をする日まで。

    いーふらんの会社ぐるみの詐欺事件は、元々の詐欺体質に加えて、フランチャイズ詐欺の本家とも言うべきHITOWA流詐欺術、石澤大介というヤクザを加えて、フランチャイズ史上最大とも言うべき被害者を産み出します。
    渡辺信明の前職からの上司である加島隼人は、HITOWAグループ時代、あらゆる悪事を企み、実行に移していましたが、それらは、HITOWAグループ人事部長小方幸雄やHITOWAライフパートナー肥後社長の容認の下に、実行されていました。
    しかし、このような事態に陥った理由は、加島隼人たちHITOWA三羽烏が悪質さに他なりません。
    加島隼人は、真の巨悪というべき男です。加島隼人は、自らを「フランチャイズマスター」と自称し、飯の種とも言うべきフランチャイズ加盟店については、「ゴミとかクズ(略して、ゴミクズと呼ぶ事も)」も呼び、搾取対象以外の認識はありません。
    【重要】HITOWAグループにおけるフランチャイズ開発者の認識
    ・金のある加盟店→搾取対象
    ・資産背景脆弱の加盟店→ゴミとかクズ
    しかも、加島隼人は、この思考を他の加盟店開発部員に共有していました。だから、HITOWAグループの社内会議では、加島の他にも、加盟店をゴミクズ呼ばわりする社員が多数いました。そして、訴訟が頻発し、問題が顕在化するまでこれを容認するHITOWAグループ経営陣、長谷川会長、伊佐治岳生会長、今田健治社長、好本一郎社長、スーパーハラスメント男盛田貴裕やら、セパ両リーグの後継者板津典宏も加島と同罪と言えるでしょう。
    【おそうじ本舗CMで踊る元いーふらん部長】
    https://sp.nicovideo.jp/watch/sm40056277
    ここで、必見動画、タレントと踊る加島隼人をご覧ください。
    これは、HITOWAグループが、詐欺師加島隼人を全面に押し出し、詐欺を容認していたことの証明にほかなりません。
    加島隼人は、訴訟頻発の責任を取らされ、盟友の中尾彰臣やら田村尚茂やらと共に、人事部預かりと言う名のアークヒルズプリズンに収監されてしまいます。
    その後、いーふらんに転職し、加島隼人は、いーふらんにて、HITOWAグループ流詐欺術を存分に発揮します。
    まさに、加島隼人の理想郷
    「HITOWA ✖️ YAKUZA」
    もちろん、加島隼人の貢献によって、いーふらんでも訴訟頻発という二社連続の快挙をもたらします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です