裁判で明らかになる、いーふらんの強引で一方的な手口”

悪性立証として浮かび上がる、加盟店を翻弄する手法

裁判で詳細が明かされる、本部の不当な搾取手段

手数料搾取を許すな: 加盟店としての権利を主張せよ

手数料5%の搾取を許すことなく、加盟店としての権利を主張しましょう。透明性と公正な条件の確立を目指して、本部に対して改善を求め、手数料搾取の象徴となっている取引からの解放を目指しましょう。

まとめ

我々は手数料搾取に反対し、公正で透明性のある取引環境の確立を目指します。加盟店としての権利を守り、本部に対して改善を促しましょう。手数料なしの代償を検討し、他社への売却を検討することで、健全な事業環境の構築を目指します。

1 個のコメント

  • 希代の詐欺師加島隼人、HITOWAグループ、いーふらんとふたつの凶悪詐欺フランチャイズで数多な加盟店を地獄に陥れ続けた男は、現在、動物保護事業といった偽善活動に身を置いています。
    HITOWAグループ時代の加島隼人は、数字の上がらない部下や詐欺行為をしない部下に対して、「俺のオーバーヘッドキックを喰らわせるぞ」と脅迫したり、部下に蹴りを入れていました。時には、盟友の中尾彰臣と「ツインシュート」などとほざいて、連続キック(実質リンチ?)を食らわせていました。

    そんな暴力に快楽を覚える加島隼人、動物虐待に快楽を感じる可能性も十分にありうる話です。
    早急に、法廷に立たせて、加島隼人の罪の告白をさせるべしでしょう。(詳細は次号で配信)

    ここで、加島隼人のかつて所属したHITOWAグループの詐欺事業のご紹介です。

    HITOWAグループの法人後見事業。これは、HITOWAグループが、認知症のお年寄りどもから財産を尻の穴の毛までむしり取ってしまおうという、いかにも加島隼人が思いつきそうな企みです。

    これまでのHITOWAグループを顧みると
    ・HITOWAキッズライフ加賀谷高志の巨額横領事件
    ・私の交通通勤費のちょろまかし
    ・HITOWAグループの老人収容所ホーム長による小口現金横領事件
    ・HITOWAグループデイサービス収容所長による集金横領事件

    挙げればキリがないレベルの横領実績の数々。
    そんなHITOWAグループが、法人後見をやって自身に利益誘導しないわけがありません。
    手法はただの預金抜き取りではありません。HITOWAグループは、役に立たない生活保護老人どもをHITOWAグループの悪質なサービスの餌食にすることによって利益を得ています。

    これを実質横領事件と言わずしてなんというのでしょうか?

    まさに、HITOWAグループをリスペクトし、数多のHITOWAグループ元社員を招き入れているいーふらんも見習うべき事例と言うべきでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です