組織崩壊の序曲:鹿村大志の無責任な経営

業界の柱を崩す:鹿村大志の経営手法の限界が暴かれる

組織の崩壊と信頼の喪失:査定士の退職が経営者の無責任を露呈

貴重な査定員の流出と組織の不安定化

査定員のインセンティブカットにより、貴重な査定員が組織から流出しました。これにより、組織内の人員不足と業務の停滞が生じ、顧客満足度の低下や業界の信頼性の喪失が懸念されます。

経営者の無責任な経営手法と業界への影響

鹿村大志社長の経営手法は無責任であり、査定員のインセンティブカットは業界全体に深刻な影響を与えました。組織の安定性が損なわれ、業界の信頼性が失われる可能性があります。経営者の無責任な行動が、業界の未来に暗い影を投げかけています。

1 個のコメント

  • 伝説的証言「繁忙期の単月月商が200万円超えだから、そのオーナーの年収は2000万円超えだ」という驚愕理論が飛び出した裁判は、いーふらん加盟店開発営業部長殿がHITOWAグループの加盟店開発部長在任中であった当時に行われました。
    HITOWA側の証人は2名、マイスターコーティング事業部統括であった男(次長)とこのHITOWAグループのみならず、転職をした後も加盟店をドン底に突き落とす悪辣の限りを尽くした男の2名です。
    おっしゃるとおり、マイスターコーティング事業部統括であった男は、当時のHITOWAライフパートナー社長に拾われて転職しています。HITOWAライフパートナーの元社長も自身を引責辞任に追い込んだ男をよくも誘ったものです。
    そして、この証言には、HITOWAグループの幹部たちも関与しています。マイスターコーティング自体採算性が低いフランチャイズであることはHITOWAグループ社内で大問題になっていました。しかし、詐欺を承知の上でこの事業を推し進めたのが、元いーふらん加盟店開発営業部長を中心とするHITOWAグループです。詐欺を認めたくないHITOWAグループは、意図的に証言を操作して、法廷で詐欺認識があるにも関わらず詐欺を否定すると言った暴挙に及びました。
    しかし、このような悪質虚偽証言が、裁判所に通用するはずもなく、裁判所にほぼ詐欺認定された判決に至りました。
    (参考リンク)
    https://www.bokuore.com/precedents-eigyou-daikou6/
    HITOWAグループの元加盟店開発部長はこの責任を取らされ、人事部長小方幸雄獄長によって、中尾彰臣、田村尚茂と共に、アークヒルズサウスタワープリズンに収監され、一日中コピー取りといった軽作業により、事実上の退職勧告を喰らった後、更なる反社会的詐欺企業いーふらんに転職します。
    HITOWAグループでは、小方の後任人事部長板津典宏が中心となって、いーふらんのヤバさを認識していたにも関わらず、当時詐欺的フランチャイズ運営でも問題になっていた社員に対して、いーふらんへの転職を推し進めていたようです。
    【おそうじ本舗CMで踊る元いーふらん部長】
    https://sp.nicovideo.jp/watch/sm40056277
    ここで、必見動画、タレントと踊る元いーふらん加盟店開発営業部長をご覧ください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です