フランチャイズ危機:サポート崩壊の責任は誰?鹿村大志社長では??

鹿村大志社長、また3時間待ちの責任逃れで雲隠れ!?

ベテラン査定員退職の真実とオーナーの苦境

鹿村大志社長の無策が招いた混乱の代償

社長の誤った判断により、多くのベテラン査定員が退職したことで、現在フランチャイズ本部のサポート体制は事実上崩壊しています。同業他社が70名もの査定員を配置しているのに対し、この本部ではわずかな人員で対応を迫られているため、オーナーたちは3時間待ちという異常な状況に直面しています。

本部から送られてきたメールは、オーナーたちに更なる負担を強いるものであり、問題の本質を解決するための具体的な対策は示されていません。なぜ査定員が退職したのか、その原因を究明し、再発防止策を講じることが必要です。しかし、社長は謝罪もせず、ただ手続きの変更を指示するだけの対応を続けています。

信頼回復には何が必要か

フランチャイズ本部が信頼を回復するためには、まずは誤った判断の原因を明確にし、オーナーたちに対して誠実な謝罪を行うことが必要です。次に、失われたサポート体制を再構築するために、優秀な査定員の再雇用や新しい人材の確保に力を入れるべきです。

また、同業他社との格差を埋めるためには、迅速かつ具体的な改善策を打ち出す必要があります。オーナーたちが安心して営業できる環境を整えることで、本部に対する信頼を取り戻すことができます。

真の改革が信頼回復の鍵

現在のフランチャイズ本部が直面している問題は、誤った判断とその結果としてのサポート体制の崩壊です。オーナーたちが3時間待ちという状況に追い込まれているのは、経営陣の無策によるものです。この危機を乗り越えるためには、社長自らが謝罪し、原因を究明し、具体的な再発防止策と被害者救済策を発表する必要があります。

さらに、サポート体制を再構築し、同業他社との格差を埋めるための具体的な対策を講じることが求められます。フランチャイズ本部が真の改革を行うことで、オーナーたちの信頼を取り戻し、持続可能な成長を実現することができるでしょう。

1 個のコメント

  • 馬鹿村が重用した存在、それがヤクザ石澤大介とHITOWA三羽烏です。
    絶望を啜り、憎しみを喰らい、悲しみの涙で喉を潤す。
    これこそ悪質犯罪企業HITOWAグループから受け継ぎし、反社会的詐欺会社いーふらんの真髄です。
    HITOWAグループ、いーふらんのような人にあらざる者が運営する詐欺会社に身を置くと、人生が終わると言っても過言ではありません。
    まさに、社会的には、殺人犯やら覚醒剤といった反社会的犯罪者と同類の扱いをされます。
    それもそのはずです。HITOWAグループイリーゼ浦和大門では、老女を溺殺する事件が発生しており、おたからやの店長は殺されたりしております。
    そして、HITOWAグループで加盟店に絶望という地獄に陥れてもなお、いーふらんにて、同じ詐欺事件を繰り返す男がいました。
    その男は、元加盟店開発営業部長のk島h人
    この男は、HITOWAグループにおいて、徹底してグループ社員たちに人間をゴミクズ呼ばわりする思想を植え付けました。
    そのため、このヒトワグループにおいては、加島が去った後も、不祥事が連発しております。
    つまり、HITOWAグループの従業員6000人は、人間を人間とも思うことがない真のゴミとかクズと言えることは間違いありません。もはや、HITOWAグループ6000人は、ゴミという言葉では足りません。産業廃棄物、原発汚染物と言っても、過言ではありません。
    このK島に代表されるHITOWA三羽烏と呼ばれる詐欺師がいました。この詐欺師ユニットは、加島、渡辺信明、間島聡で構成される真の犯罪者です。こやつらは、いーふらんに移籍して、元ヤクザ石澤大介とともに、加盟店を絶望に陥れます。
    K島の教育を受けると、
    絶望を啜り、憎しみを喰らい、悲しみの涙で喉を潤す。
    そんな人間にあらざる者になれます。これが、現在のHITOWAグループ6000人の悪魔たちです。
    すなわち、みずからの利益のために、顧客を絶望に陥れても、悲しみを覚えないどころか、この悪魔たちは、悦びさえ覚えます。
    両者にて、この男を知りつくた私が、この恐るべき詐欺師の危険性について語りましょう。
    Kの名言「ホットドッグの本場は、メキシコ」
    Kが、営業成績を上げられない部下に対して、盟友中尾彰臣と共に、「ツインシュート」などと言って、部下を蹴ったり、蹴るなどの暴力的指導を行っている最中のことでした。
    暴力だけでは飽き足らないKは、こう言いました。
    「次契約を取れなかったらな〜。本場メキシコのホットドッグを食わせるぞ!分かったから??」
    Kによれば、ホットドッグの本場はメキシコの中西部であり、中西部に住む原住民たちは、その辺の野良犬を焼いて、ホットドッグと呼ぶとのこと。日本では、野良犬を捕まえてきて、そのままレンジで加熱すれば出来上がるとのことです。
    恐るべき詐欺師加島隼人。Kは、いち早く法廷で被害者の救済に向けた証言を行うべきでしょう。
    そして、Kの親友中尾彰臣(フラアド)には、人の心というものがありません。それが、HITOWAグループ名物本場メキシコのホットドックです。これを失敗を繰り返す社員たちに喰わせていたそうです。まさに、中国系外道企業HITOWAグループ!
    加島隼人の忠臣川村文太さんは美味しく食べれる調理法を証言します。
    これが、メキシコ流ホットドック3ステップ調理法プラスアクセント
    ステップ1 その辺で野犬を捕獲する
    ステップ2 野犬をそのまま電子レンジに格納する
    ステップ2.5電子レンジに砂糖、塩、お酢、醤油、味噌など料理のさしすせそを思う存分放り込み、味付けをします。
    ステップ3 電子レンジで心ゆくまで温める
    以上、カンタン3ステップでできる本場メキシコの伝統料理です。
    許されざるK島H 人!いーふらんを去った後の転職先でさえ動物虐待をします。
    この男、いーふらん、HITOWAグループのときのように豪快に人を騙せなくなった恨みを動物に対して、悪意を向けます。
    石澤大介同様、収監しなければならない男、それがHITOWA三羽烏です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です