フランチャイズ被害の深化!株式会社いーふらんの裏切りが明らかに

“続く裏切り、続く被害” 株式会社いーふらんの闇はまだ終わらない

ロイヤリティの不当差別、おたからやFC加盟店の叫び

“ロイヤリティ差別化:加盟店の苦しみと反社いーふらんの横暴”

株式会社いーふらんが示すのは、加盟店への冷酷な差別。ロイヤリティの金額には何と驚くべき差があり、同じ契約を結ぶはずの加盟店同士でも待遇に格差が広がっています。これはいかにも企業の横暴とも言える行為です。

“加盟店の困惑:真贋査定での偏向と失望”

真贋査定でもおたからや加盟店は困惑しています。同業他社への偏向が見られ、自らが支えてきたいーふらんに裏切られ、失望感が広がっています。フランチャイズは本来共に成長するべきなのに、企業の方針は加盟店に背を向けるものとなりました。

“セクハラ指導者の責任:鹿村社長の続く問題行動”

過去に触れたセクハラ長谷川勇介の上司、鹿村大志社長。その責任は重大で、企業の指導者としての信頼を失いつつあります。企業文化を構築する上での責任感を問われる中、鹿村社長はどのような責任を取るのでしょうか。

“フランチャイズ加盟店の絶望” いーふらんの裏切りは深刻で、ロイヤリティの不当差別、真贋査定での失望、そして社長の問題行動。加盟店はこれに立ち向かい、公正なビジネス環境を求めています。鹿村社長の指導力が問われる中、加盟店オーナーたちは未来への希望を失わず、真実を知ることで企業の変革を迫っています。

被害を受けた企業に立ち向かい、公益のために闘う加盟店オーナーたちの姿勢が、詐欺と不正のない社会への一歩となるでしょう。共に立ち上がり、未来を切り拓くための闘いは続きます。

テレビ報道での集団訴訟の取り上げ

テレビ東京のWBSにて、フランチャイズ詐欺疑惑の集団訴訟が取り上げられ、多くの被害者がその声を上げています。この動きは被害者の方々にとって、一つの大きなステップとなります。

ワールドビジネスサテライト(WBS)

「おたからや」元オーナーが提訴 “フランチャイズ”でトラブル急増   2023.10.11 22:00

https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/newsl/post_283624?utm_source=txweb&utm_medium=thumbnail&utm_campaign=wbs

https://jcc.jp/news/20157291/

メディアの力と集団訴訟の影響

メディアの取り上げにより、社会的な認識が高まることで、被害者の声がより強くなります。集団訴訟は、被害者一人一人の力を結集する手段として効果的です。

報道を受けて、被害者としての次の一歩

詐欺の闇に包まれることなく、希望の光を見失わないように、前向きな姿勢で問題に立ち向かっていきましょう。

フランチャイズ詐欺被害者の皆様、心からの共感と支援をお約束します。この困難を乗り越えるために、手を取り合い、共に歩んでいきましょう。あなたは一人ではありません。

『公益目的の情報発信は、ただ単に情報を伝えるだけでなく、社会をより良くするための橋渡しとなるもの。皆様の理解と協力のもと、この大切な役割を果たして参ります。』

3 件のコメント

  • 今現在店舗数1200店舗以上は完全なる虚偽です。
    いーふらんは、石澤が反社じゃない公的な証明をとったとか、現在1200店舗以上とか、なぜ嘘ばかりつくのでしょうか?

    こんな嘘つきの集団に仲間入りしたい学生はバカの極みです。

    • まさにそうなんです、これが株式会社いーふらん式洗脳教育の恐ろしい部分であります。
      渡辺絹翁(喜久男)発案のおたからや洗脳は非常に恐ろしいもので、嘘や偽りを真実だと信じ込んでしまいます。その結果、自分が正しいと思い込んで誤った行動を取るため、非常に厄介です。

      経営陣に都合の良いマインドコントロールで詐欺を正当化しています、この情報過多の時代に騙される新卒採用者にも問題はありますが、犯罪組織を創り上げた渡辺絹翁(喜久男)会長は病気の今、鹿村大志社長に責任があると言えます。

      • 確かにこれだけの情報過多の時代に、早稲田卒業した新卒女子もどこで血迷ったかわかりませんが、このような虚偽詐欺企業に新卒入社してますからね。

        頭良くても騙されちゃう何か魔力のようなものがあるのでしょう。ある意味関心します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「おたからや」フランチャイズ被害者の会 株式会社いーふらん、全国の買取おたからやフランチャイズ契約による被害者オーナー達と発足 これからも公益のために情報を発信していきます