加島隼人 “フランチャイズ詐欺スキームを立ち上げた人物”

フランチャイズ詐欺スキームを作り出した加島隼人氏

何も知らない情報弱者を標的に、加島隼人元部長を中心とした、反社会的企業「いーふらん」は悪質なフランチャイズ詐欺契約を続けてきました。

これにより、多くの加盟店オーナーの人生が一変しました。しかし、詐欺的契約による被害が社会問題化し、多数の集団訴訟が起きてからもなお、いーふらんの経営陣は娯楽に興じ、楽しげに情婦同伴でゴルフを楽しむ様子を見せています。

 “被害者救済の現状:なぜ動きがないのか?”

今後は被害者の救済や再犯防止に努力すべきですが、何もないままでは「おたからや」ブランドの再興は見込めません。

おたからや崩壊

“被害者救済と再犯防止への道はあるのか?”

我々の情報発信の成果で、詐欺契約はやめるようになりましたが、被害者救済や再犯防止に向けた動きはまだ見られません。

FCは搾取対象

 “経営陣の問題行動:高級車自慢から宗教セミナーまで”

また、経営陣は高級車自慢の動画や宗教的セミナーのような映像をアップロードし、新卒者の採用や一般消費者に影響を及ぼしかねない行為を行っています。

https://youtu.be/yrWiDlTe26k 「横のつながり」を何度も連呼、会社横のつながりを大事に。と言ってる時点で怖い、反社会的企業の匂いしかしません。

これは、組織が宗教的な雰囲気を醸し出しているように見え、既存店にはとても迷惑です。

このような行為は業界で笑いの種となっており、とても残念な状況です。経営陣には、社会的責任をもっと重視するよう求めます。

毎月55万円のロイヤリティ

企業としての社会的責任を果たすためには、不正行為の存在を認め、改善に向けた行動を取ることが必要です。

これからのいーふらんの行動に注目していきましょう。健全なビジネス環境のために、反社会的勢力の排除を真摯に行う企業であることを期待します。

既存のフランチャイズ店舗を守り、地に落ちた『おたからや』ブランドの復活を目指す行動を期待します。

直営店スタッフは地獄のような日々をおくり、経営陣は悠々ゴルフ

丸りおな おたからや詐欺 ・丸りおな おたから被害者の会 『未来ある若者を詐欺広告に使わないでください』

私たちの情報発信は公益目的であり、言論の自由によって保障されています。このような正当性を持つ文書を通じて、私たちは社会に対して真実を伝えることを責務としています。

加島隼人氏この人物がフランチャイズ詐欺スキームを作り、多くの被害者と契約した人物。

元第一営業部時代に多くの加盟店を騙して来たのが、先山愉弥氏である。

「株式会社いーふらん」の不正や誤った行動により被害を受けた人々のため、ブログで情報を発信し続けます。集団訴訟が進行中の状況であるため、情報発信は非常に重要だと考えています。被害者がどのような行動をとるべきかのアドバイスも提供しています。

3 件のコメント

  • 渡辺信明の前職からの上司である加島隼人は、HITOWAグループ時代、あらゆる悪事を企み、実行に移していましたが、それらは、HITOWAグループ人事部長小方幸雄やHITOWAライフパートナー肥後社長の容認の下に、実行されていました。
    しかし、このような事態に陥った理由は、加島隼人たちHITOWA三羽烏が悪質さに他なりません。
    加島隼人は、真の巨悪というべき男です。加島隼人は、自らを「フランチャイズマスター」と自称し、飯の種とも言うべきフランチャイズ加盟店については、「ゴミとかクズ(略して、ゴミクズと呼ぶ事も)」も呼び、搾取対象以外の認識はありません。
    【重要】HITOWA思考のフランチャイズ開発者に認識
    ・金のある加盟店→搾取対象
    ・資産背景脆弱の加盟店→ゴミとかクズ
    しかも、加島隼人は、この思考を他の加盟店開発部員に共有していました。だから、HITOWAグループの社内会議では、加島の他にも、加盟店をゴミクズ呼ばわりする社員が多数いました。そして、訴訟が頻発し、問題が顕在化するまでこれを容認するHITOWAグループ経営陣、長谷川会長、伊佐治岳生会長、今田健治社長、好本一郎社長、スーパーハラスメント男盛田貴裕やら、セパ両リーグの後継者板津典宏も加島と同罪と言えるでしょう。
    【おそうじ本舗CMで踊る元いーふらん部長】
    https://sp.nicovideo.jp/watch/sm40056277
    ここで、必見動画、タレントと踊る加島隼人をご覧ください。
    これは、HITOWAグループが、詐欺師加島隼人を全面に押し出し、詐欺を容認していたことの証明にほかなりません。
    加島隼人は、訴訟頻発の責任を取らされ、盟友の中尾彰臣やら田村尚茂やらと共に、人事部預かりと言う名のアークヒルズプリズンに収監されてしまいます。
    その後、いーふらんに転職し、加島隼人は、いーふらんにて、HITOWAグループ流詐欺術を存分に発揮します。
    まさに、加島隼人の理想郷
    「HITOWA ✖️ YAKUZA」
    もちろん、加島隼人の貢献によって、いーふらんでも訴訟頻発という二社連続の快挙をもたらします。

    • 長谷川興産(現HITOWAライフパートナー)で加盟金詐欺で訴えられて、この人は当時次長だった人でしょうか?
      民事裁判で負けた時の事業責任者の人は、今キャンディルパートナーという会社で同じようなサービスを展開してる社長だそうですよ。
      凝りもせずよくやるわな。

      フランチャイズなんて食い物にされるだけだから加盟なんかするもんじゃないなと思う話ですね。
      自分で頑張って成功してる人もいるのは確かなんでしょうけど、今もおそうじ本舗で食い物にされてる人は多いのかもしれませんね。

  • 伝説的証言「繁忙期の単月月商が200万円超えだから、そのオーナーの年収は2000万円超えだ」という驚愕理論が飛び出した裁判は、いーふらん加盟店開発営業部長殿がHITOWAグループの加盟店開発部長在任中であった当時に行われました。

    HITOWA側の証人は2名、マイスターコーティング事業部統括であった男(次長)とこのHITOWAグループのみならず、転職をした後も加盟店をドン底に突き落とす悪辣の限りを尽くした男の2名です。

    おっしゃるとおり、マイスターコーティング事業部統括であった男は、当時のHITOWAライフパートナー社長に拾われて転職しています。HITOWAライフパートナーの元社長も自身を引責辞任に追い込んだ男をよくも誘ったものです。

    そして、この証言には、HITOWAグループの幹部たちも関与しています。マイスターコーティング自体採算性が低いフランチャイズであることはHITOWAグループ社内で大問題になっていました。しかし、詐欺を承知の上でこの事業を推し進めたのが、元いーふらん加盟店開発営業部長を中心とするHITOWAグループです。詐欺を認めたくないHITOWAグループは、意図的に証言を操作して、法廷で詐欺認識があるにも関わらず詐欺を否定すると言った暴挙に及びました。
    しかし、このような悪質虚偽証言が、裁判所に通用するはずもなく、裁判所にほぼ詐欺認定された判決に至りました。

    (参考リンク)
    https://www.bokuore.com/precedents-eigyou-daikou6/

    HITOWAグループの元加盟店開発部長はこの責任を取らされ、人事部長小方幸雄獄長によって、中尾彰臣、田村尚茂と共に、アークヒルズサウスタワープリズンに収監され、一日中コピー取りといった軽作業により、事実上の退職勧告を喰らった後、更なる反社会的詐欺企業いーふらんに転職します。

    HITOWAグループでは、小方の後任人事部長板津典宏が中心となって、いーふらんのヤバさを認識していたにも関わらず、当時詐欺的フランチャイズ運営でも問題になっていた社員に対して、いーふらんへの転職を推し進めていたようです。

    【おそうじ本舗CMで踊る元いーふらん部長】
    https://sp.nicovideo.jp/watch/sm40056277
    ここで、必見動画、タレントと踊る元いーふらん加盟店開発営業部長をご覧ください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です