反社企業の闇に潜む「長谷川勇介部長問題」と「企業の透明性喪失」

“パワハラ、セクハラ” 逮捕歴者 長谷川勇介氏の昇進…企業の闇が明るみに

反社企業の闇と長谷川勇介部長の問題的なキャリア

“キレやすい性格と「恫喝、パワハラ」の得意分野”

反社企業いーふらんの渉外部長である長谷川勇介氏は、キレやすく、「恫喝、パワハラ」を得意とすることで知られています。かつては傷害事件で逮捕歴があり、その経歴から直営店ではなく「出張部」に配置され、人手不足から渉外部長として昇進。しかし、その昇進には石澤大介元ヤクザ部長の影響があったといわれています。

“石澤大介元ヤクザ部長の影響と不透明な昇進”

石澤大介氏のクレームオーナー対応と社内SVの教育を担当したことで、長谷川勇介氏の昇進に繋がったと言われています。経営陣は石澤氏不在時に加盟店オーナーからの意見への対応が難しいと判断し、キレやすいが「恫喝、パワハラ」が得意な長谷川氏を渉外部長に抜擢。逮捕歴者を優遇する企業の問題がここでも浮き彫りになりました。

“セクハラ行為の償いと反社企業の対応不足”

最近、長谷川勇介渉外部長の女性社員へのセクハラ行為問題が浮上。10階担当の20代女性非正規社員を食事に誘い、ホテルに誘う発言をし、金銭を提供しようとしたとの情報が寄せられています。このような問題行為に対する鹿村大志社長の対応は不透明であり、企業のコンプライアンスへの信頼が揺らいでいます。

“反社企業いーふらんの透明性喪失と問題の深刻化”

反社企業いーふらんでは、キャリアの問題点が露呈し、企業の透明性が喪失している現状が明らかになりました。パワハラ、セクハラ、逮捕歴者の昇進など、問題の深刻さは企業の信頼を揺るがすものとなっています。法務部による適切な対応が求められますが、その姿勢にはまだ不透明な部分も見受けられます。これらの問題点は企業が真に透明かつ倫理的な経営を行うために改善されるべきです。

ワールドビジネスサテライト(WBS)

「おたからや」元オーナーが提訴 “フランチャイズ”でトラブル急増   2023.10.11 22:00

https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/newsl/post_283624?utm_source=txweb&utm_medium=thumbnail&utm_campaign=wbs

https://jcc.jp/news/20157291/

メディアの力と集団訴訟の影響

メディアの取り上げにより、社会的な認識が高まることで、被害者の声がより強くなります。集団訴訟は、被害者一人一人の力を結集する手段として効果的です。

報道を受けて、被害者としての次の一歩

詐欺の闇に包まれることなく、希望の光を見失わないように、前向きな姿勢で問題に立ち向かっていきましょう。

フランチャイズ詐欺被害者の皆様、心からの共感と支援をお約束します。この困難を乗り越えるために、手を取り合い、共に歩んでいきましょう。あなたは一人ではありません。

『公益目的の情報発信は、ただ単に情報を伝えるだけでなく、社会をより良くするための橋渡しとなるもの。皆様の理解と協力のもと、この大切な役割を果たして参ります。』

1 個のコメント

  • まさに、HITOWAグループにもいそうな「ゴミとかクズ」人間ですね〜
    どこまでもHITOWAグループを追い続けてください!応援してます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です