高額なフランチャイズ料を要求し、具体的な価値やサポートを提供しない

「不公正なビジネス実態を暴く:反社会的フランチャイズの暗い真実」

「ビジネスの裏側に潜む闇と欺瞞:反社会的フランチャイズの真実を解き放て!」

 反社会的企業は、フランチャイズ加盟店から高額な料金を徴収し、ビジネス成功のための具体的な支援やノウハウを提供しない。これはフランチャイズビジネスの基本的な原則に反しています。

過度な広告協賛金の徴収と不公平な利用

フランチャイズ加盟店から徴収した広告協賛金を自社の直営店の広告に主に使用し、加盟店への還元が不十分。これは加盟店を経済的に不利な状況に置く行為で、公平なビジネスパートナーシップの原則を侵害します。

広告の制限と集客への影響

直営店だけにリスティング広告を許可し、加盟店は更新しないホームページしか認められていない。これは加盟店の集客能力を阻害し、競争力を奪う行為で、ビジネスの公正性を侵害します。

これらの理由から、これらの行動はビジネスの倫理と公正性を侵害し、労働者の権利を無視し、搾取的なビジネスモデルを示しています。これらは明らかに反社会的行為であり、詐欺的なビジネス手法とも言えます。

“丸りおな氏” おたからや詐欺の広告塔 加盟店オーナーの親族を利用する反社会的企業!未来ある若者”丸りおな氏”を、詐欺に利用しないでください。

解決策を提示し、実行に移す。それが本部幹部の責任です。そして、それが我々の安心と信頼を勝ち取る道だと信じています。我々は、彼らがその責任を果たし、フランチャイズオーナーや被害者への弁済策を提示することを強く望みます。

経営陣の無能とサイコパス的な行動に対して、我々は声を上げるべき時が来ています。

おたからや崩壊
FCは搾取対象
毎月55万円のロイヤリティ

「株式会社いーふらん」の不正や誤った行動により被害を受けた人々のため、ブログで情報を発信し続けます。集団訴訟が進行中の状況であるため、情報発信は非常に重要だと考えています。被害者がどのような行動をとるべきかのアドバイスも提供しています。

私たちの情報発信は公益目的であり、言論の自由によって保障されています。このような正当性を持つ文書を通じて、私たちは社会に対して真実を伝えることを責務としています。

加島隼人 フランチャイズ詐欺スキーム生みの親 実行役

第一営業部時代に多くの加盟店を騙したのが 先山愉弥 実行役

第一営業支援部と法務部の部長で加盟店恫喝処理の責任者 元反社会的勢力 石澤大介 監督役

FC詐欺を組織的に実行させたのが 渡辺喜久男会長 と 鹿村大志社長 教唆犯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です