いーふらん鹿村大志社長の矛盾:遊び心満載、経営センス欠落

経営トップの遊び VS 企業の未来:果たされない社長の責任

代表取締役社長の責任

渡辺喜久男会長、鹿村大志社長、彼らが企業のリーダーとして、どんな責任を果たすべきなのか。今こそ、真摯に向き合う時です。

代表取締役社長という立場は、企業の顔とも言える存在。その行動一つ一つが、多くの人たちに影響を与えるものとなります。「いーふらん」の社長の行動は、その責任を果たしているとは言えません。

“いーふらん” 社長の実態:遊びと義務、二つの顔のリーダーシップ

公然とゴルフやジェットスキーを堪能している一方で、ビジネスマンとしての最低限の責任さえ果たせていない姿に、多くの人々は失望と怒りを感じています。

社内不倫の噂に対しては瞬時の対応を見せたのに、フランチャイズ加盟店の問題については、まるで亀のような遅々とした動き。その矛盾に、多くのオーナーがあきれ返っているのも当然です。

「経営の顔と遊び心:リーダーとしての失格証明書」

900店舗を擁する加盟店の未来を、利己的でしかも無能としか思えないこの経営陣に託すなど、到底許容できることではありません。

今や、ジャニーズ事務所と同じ道を辿るしか選択肢はないのではないでしょうか。代表者の交代、加盟脱退、もしくは独立。

しかし、それに先立って真摯に謝罪し、被害者救済の措置を取るべきです。この基本的な行動さえ取れない時点で、その無能さが露わになっている。

(漫画)おたからやのヤバイ実態とFCオーナー達の悲惨な未路を漫画にしてみた(アシタノワダイ)

【研修費100万円!?】おたからやのヤバい実態!怒号、恫喝..泥沼裁判でFCオーナーたち悲惨な未路おたからや。ずんだもんの闇図鑑

フランチャイズチャンネルさんが、悪徳業者「株式会社いーふらん」犯罪組織の詐欺マニュアルを公開してくれています。新卒者は必ずお客様を騙すことになります。

「株式会社いーふらん」おたからや直営店の詐欺行為を公益目的で訴えます。私たちは一般消費者を守るために、彼らの不正な行為に対抗し、真実と公正を求めます。

組織における倫理と道徳は重要な要素であり、犯罪的な行為は絶対に許されるべきではありません。私たちは社会に対して真実と透明性を提供する責任を持っており、不正や不法行為を許すことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です