反社いーふらんの揉み消しの継続と公益目的の情報発信

いーふらんの揉み消し体質の継続。

真実を追い、公益目的の情報発信を通じて社会の課題に向き合う。

闇の継続 – セクハラと揉み消しの連鎖

強制わいせつ未遂の連鎖 – 山中僚也氏の問題行動の継続、山中僚事件は決して単発の出来事ではなかった。

山中僚也氏、長谷川勇介氏の問題行動が繰り返される中、いーふらんの企業文化の中でセクハラ問題が絶えず続いていた事実に迫ります。セクハラの闇がいかに深刻か、そしてその背後にある組織文化の異常性に焦点を当て考えます。

揉み消しの慣行 – 企業が持つ闇の深化

セクハラ問題が発覚してもいーふらんは揉み消しの手法を変えずに継続してきた。その慣行が企業の闇を深化させ、被害者の声を遮断してきた実態に迫ります。渡辺喜久男会長と鹿村大志社長が行ってきたセクハラ行為、社内不倫など社内ではタブーです。我々の公益目的の情報発信が無ければ社内の風紀の乱れは新卒者や加盟希望者には届きませんでした。公益目的の情報発信がなぜ重要か、その必要性を理解していただけたと思います。

公益目的の意義 – 社会に向けた情報発信の必要性

公益目的の情報発信がなぜ必要なのか。セクハラや揉み消しの闇に挑む取り組みが、社会全体にどのような影響をもたらすのかを考察します。被害者支援と被害の未然防止のために、公益的な情報発信が果たすべき役割に焦点を当てます。

まとめ

山中僚也氏のセクハラ未遂は単なる一例ではなく、いーふらんの企業文化の中で繰り広げられてきた問題の連鎖の一部でした。彼の問題行動がいかに企業全体に影響を与え、セクハラ問題が絶え間なく続いていたかを解明します。

企業内でのセクハラ問題が根深い部分で組織文化に結びついていることに焦点を当て、その闇の深刻性を浮き彫りにします。また、セクハラ問題が発覚してもいーふらんが揉み消しを継続してきたことは、企業の闇が一層深まる結果を招きました。その慣行が被害者を孤立させ、問題の本質を遮蔽してきた実態に迫ります。このような企業の不正が公然と続く中、公益目的の情報発信がなぜ重要なのかを考えます。

公益目的の情報発信が社会に果たす役割は大きい。セクハラ問題や企業の不正に立ち向かい、真実を明らかにすることが、被害者支援と被害の未然防止に直結しています。我々の闘いは公益のための情報発信が社会全体にポジティブな変化をもたらす手助けとなることを目指しています。

テレビ東京 ワールドビジネスサテライト『WBS』反社企業いーふらんFC詐欺の実態

テレビ東京のWBSにて、フランチャイズ詐欺疑惑の集団訴訟が取り上げられ、多くの被害者がその声を上げています。この動きは被害者の方々にとって、一つの大きなステップとなります。

ワールドビジネスサテライト(WBS)

「おたからや」元オーナーが提訴 “フランチャイズ”でトラブル急増   2023.10.11 22:00

https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/newsl/post_283624?utm_source=txweb&utm_medium=thumbnail&utm_campaign=wbs

https://jcc.jp/news/20157291/

Yahoo!ニュース「おたからや」元オーナーが提訴 “FC詐欺”でトラブル急増

フランチャイズ詐欺被害者の皆様、心からの共感と支援をお約束します。この困難を乗り越えるために、手を取り合い、共に歩んでいきましょう。あなたは一人ではありません。

『公益目的の情報発信は、ただ単に情報を伝えるだけでなく、社会をより良くするための橋渡しとなるもの。皆様の理解と協力のもと、この大切な役割を果たして参ります。』

1 個のコメント

  • 恐るべし。山中僚也氏。
    もはや、反社会的詐欺会社いーふらんは、社会の害悪に成り上がったと言っても言い過ぎではないでしょう。

    HITOWAグループ人事部長小方幸雄が行ったセクハラを超越する強制わいせつを行った山中いーふらん幹部社員。

    被害に遭われた女性のケアを早急に急がなくてはいけません。

    こんなハゲかつブタのような二足歩行する家畜に、性的に迫られるなんて、、、想像を絶する悲劇という他言いようがありません。

    そして、いーふらんの会社ぐるみの詐欺事件は、元々の詐欺体質に加えて、フランチャイズ詐欺の本家とも言うべきHITOWA流詐欺術、石澤大介というヤクザを加えて、フランチャイズ史上最大とも言うべき被害者を産み出します。
    渡辺信明の前職からの上司である加島隼人は、HITOWAグループ時代、あらゆる悪事を企み、実行に移していましたが、それらは、HITOWAグループ人事部長小方幸雄やHITOWAライフパートナー肥後社長の容認の下に、実行されていました。
    しかし、このような事態に陥った理由は、加島隼人たちHITOWA三羽烏が悪質さに他なりません。
    加島隼人は、真の巨悪というべき男です。加島隼人は、自らを「フランチャイズマスター」と自称し、飯の種とも言うべきフランチャイズ加盟店については、「ゴミとかクズ(略して、ゴミクズと呼ぶ事も)」も呼び、搾取対象以外の認識はありません。
    【重要】HITOWAグループにおけるフランチャイズ開発者の認識
    ・金のある加盟店→搾取対象
    ・資産背景脆弱の加盟店→ゴミとかクズ
    しかも、加島隼人は、この思考を他の加盟店開発部員に共有していました。だから、HITOWAグループの社内会議では、加島の他にも、加盟店をゴミクズ呼ばわりする社員が多数いました。そして、訴訟が頻発し、問題が顕在化するまでこれを容認するHITOWAグループ経営陣、長谷川会長、伊佐治岳生会長、今田健治社長、好本一郎社長、スーパーハラスメント男盛田貴裕やら、セパ両リーグの後継者板津典宏も加島と同罪と言えるでしょう。
    【おそうじ本舗CMで踊る元いーふらん部長】
    https://sp.nicovideo.jp/watch/sm40056277
    ここで、必見動画、タレントと踊る加島隼人をご覧ください。
    これは、HITOWAグループが、詐欺師加島隼人を全面に押し出し、詐欺を容認していたことの証明にほかなりません。
    加島隼人は、訴訟頻発の責任を取らされ、盟友の中尾彰臣やら田村尚茂やらと共に、人事部預かりと言う名のアークヒルズプリズンに収監されてしまいます。
    その後、いーふらんに転職し、加島隼人は、いーふらんにて、HITOWAグループ流詐欺術を存分に発揮します。
    まさに、加島隼人の理想郷
    「HITOWA ✖️ YAKUZA」
    もちろん、加島隼人の貢献によって、いーふらんでも訴訟頻発という二社連続の快挙をもたらします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です